代表プロフィール

渡邊大地

アイナロハ代表取締役
ままのわ産後パートナーズ代表取締役
札幌市立大学看護学部 非常勤講師

20130527読売、顔.jpg

1980年、北海道札幌市生まれ。
弁護士を目指して上京、明治大学法学部に入学するも、「法学基礎」の単位が取れず断念。卒業後専門学校で油絵を学ぶ。このころ、のちに妻となる女性から逆ナンされ、交際スタート。
就職ののち、2007年に結婚。2009年に第1子を授かる。ところが、子煩悩なありふれた一般的な平和主義のパパとなったつもりが、実は父親としての役割も夫としての役割も果たしていなかったと後に知らされ、呆然となる。
一念発起し、産前産後の男性の役割を模索。2011年に株式会社アイナロハを設立し、2012年より「産後サポート “ままのわ”」事業を開始。
受講者累計1万人を突破(2017.7)した父親学級の講師を務めるほか、ブログ「バースプランは産後まで。」による情報発信と、腰痛のリハビリに多くの時間を費やしている

著書に
『赤ちゃんがやってくる!~パパとママになるための準備カンペキBOOK~』、『産後が始まった!』(KADOKAWAメディアファクトリー)、
『産後百人一首』(自然食通信社)、
『お産とオッサン。-SANGO ON FIRE!-』、「産後手帳」シリーズ(アイナロハ)など。

赤ちゃんがやってくる!帯あり.jpg産後cover_0218.jpeg.jpg表紙イメージ.jpg

父親学級提携医療機関ほか

●松田母子クリニック様(埼玉県所沢市)
●マタニティルーム伊深様(埼玉県狭山市)
●恵愛病院様(埼玉県富士見市)
●NPO法人子どもへのまなざし(東京都日野市)
――ほか、講演履歴はコチラ!


メディア掲載歴

●「平成25年版 厚生労働白書」
●NHKニュース「おはよう日本」
●TBS「みのもんたの朝ズバッ!」「あさチャン」
●読売新聞「顔」欄ほか
●北海道新聞「ひと」欄ほか
●朝日新聞
●日経新聞
●共同通信
●東京新聞
●毎日新聞
●「初めてのたまごクラブ」パパ向け別冊監修(ベネッセ)
●「AERA with baby」(朝日新聞出版)
●「赤すぐ」(リクルート)
●「助産雑誌」(医学書院)
――ほか、掲載履歴は、コチラ!


連載など

●医学書院『助産雑誌』「ワタナベダイチ式!両親学級のつくり方」2016.7~2017.12
●医学書院『助産雑誌』「ワタナベダイチが行く!全国・両親学級の旅」 2018.1~連載中
●東京新聞・中日新聞「オトコの母親学級」 2014.10~2018.3
●東京新聞ショッパー「一筆献上」 2014.1~2014.6

代表あいさつ

代表取締役 渡邊大地


「夫婦仲を良くするようなサービスを作りたい」

アイナロハという会社をスタートさせたときに考えたのは、唯一これだけでした。
その後「産後サポート ままのわ」事業を開始し、
「アイナロハの父親学級」事業が加わり、
『めおと産後手帖』をはじめとした出版物を発行するようになり、
“この街でもう一人産み育てたい、を応援します”を掲げて産前産後の家族に寄り添う会社になりましたが、

原点はやはり、夫婦です。
アイナロハはこれからも、すべての夫婦を応援します。


2018年4月